事業概要

山内 めぐみ 相談役

経歴

山内 めぐみ 相談役

山内 めぐみ 相談役

現 海外進出支援コンサルタント

2002年 東京大学経済学部卒
2003年 米国シアトルBellevue College卒
2005年 ロサンゼルスへ移住、米国法人設立
2015年 米国ロサンゼルスGeneral Assembly Back-End Web Developmentコース終了
2017年 日本帰国 個人コンサルタントとして、起業支援や米国進出支援を開始

ロサンゼルス在住歴12年の英語力と日米で13年で3社の会社を経営した知見、ECサイトの多店舗展開で培ったITスキルを駆使して日米間の事業設立支援や日米間の国際貿易と越境ECを得意とする。

得意分野

  • アメリカ法人設立
  • 米国進出
  • 米国物流拠点設立
  • 英文でのオフィスワーク支援
  • クラウド化支援
  • 国際貿易 アパレル、化粧品、健康食品、ペット商材
  • ネットショップ多店舗展開 楽天・アマゾン・ヤフー・越境EC
  • バックエンドプログラミング/データベースマネジメント
  • シリコンバレー・IT会社の日米間取引
多様な異文化バックグラウンドを持ち企業の海外進出の際の異文化コミュニケーションに対しても知見を持つ。
インド・ケニアをはじめ海外渡航国は25か国以上の豊富な海外経験がある。
アメリカ大陸を車で横断歴2回。

協会員の皆様へ挨拶

アメリカに12年住んで久しぶりに戻った日本は、技術・サービス・品質どれをとっても本当に素晴らしいものばかりで、海外へ持っていく競争力がとても強いものばかりと感じております。

一方でアメリカはアメリカで、自由の国であり、個人は集団よりも優先される存在で、すべてが自己責任であり、個が磨かれ、自由な発想が次々と出てくる土壌がある環境に感じます。
また、ITのメッカであるシリコンバレーやシリコンビーチでは金曜日にプレゼン、翌週の月曜日には1億円の小切手をもらう、などスピーディーに起業を後押しするような文化があり、起業家にはとてもインスピレーションを得る環境があります。

これまで13年の日米での会社経営の経験を生かし、今後はこの日米双方の良さの橋渡しができる役割を担って、これからのグローバルな起業家の支援ができればと思っております。

また、ボーダーレスな社会がどんどん進んでいき、日本と世界がとても身近になりました。
しかしながらやはり文化が異なる国との商取引の際には、考え方の違いや文化の壁が付き物です。

ロサンゼルスは特に人種のるつぼと言われ、様々な国の文化に触れてきました。
国際ビジネスを行っていくに当たって、それぞれの民族や国民性での違いを理解しながらビジネスを展開していくお手伝いができればと思っています。

Entering into Japanese Market

コラム